ふんわりクリームのロール菓子|フレンチパピロ【七尾製菓】

フレンチパピロヘッダー

こんにちは~(*‘ω‘ *)

あそviva北九の管理人、戸津川(とつがわ)です。

生まれも育ちも福岡県なのですが、訳あって北九州に定住することになり、当サイトで我が街・北九州に関するブログを書いてます。

今回は、北九州市小倉南区にある小麦焼き菓子の生産日本一の菓子メーカーである七尾製菓の「フレンチパピロ」のご紹介です。

フレンチパピロとは

フレンチパピロは、昭和37年に株式会社七尾製菓が発売以来、愛され続けているロングセラー商品です。

その特徴は、ふんわりしたクリームを香ばしい薄焼きせんべいで包んでおり、サクッとした食感とクリームのほどよい甘さが楽しめる焼き菓子です。

パッケージ

パッケージ表
パッケージ裏

フレンチパピロのパッケージ。

外袋は透明の包装で、中の商品がみえるようになってます。

上部にはフレンチパピロと独特の書体(英語)で書いてあります。

パッケージの右下にはフランスの国旗をイメージした赤×白×青の「七尾のフレンチパピロ」と書かれたロゴマークがあります。

見た目(色・形・サイズ)

一個が片手に乗る大きさの焼き菓子ロール。だいたいふたくちくらいで頂けます。

高温で焼き上げた薄焼きせんべいを柔らかいうちに巻き上げ、その中央にはふんわりクリームがたっぷり詰めてあります。

一つ一つ個包装されており、持ち歩きにも便利です。いつでもかばんにそっと忍ばせ、スキマ時間や小腹が空いたときにお楽しみいただけます。

ほどよい素朴な甘さが印象的。パピロロールの生地の甘さとクリームのほどよい甘さがお楽しみいただけます。

見た感じの印象は、中のクリームがとても甘いかサワー風味のどちらかかな?と思いましたが、そのどちらでもなく昔懐かしい素朴な味わいでした。

人気の秘密は、飽きの来ない「素朴な味」にあると思います!

香り

すみません、食べるのに夢中で香りをかいでおりませんでした(更新予定)

食感

サクッとした薄焼きパピロロールにふんわりクリームが包まれて、軽快な歯ごたえと中のふわっとしたクリームが同時に楽しめます。

昔家族で旅行に行ったときに、旅館のお部屋に置いてあるおもてなし用のお菓子に食感が似ていました。

薄く焼き上げたせんべいにクリームがサンドされ、パリパリと食べてました。

ブログを書いたきっかけ

北九州市に関するブログを書いているうちに「そういえば、北九州の銘菓ってたくさんあるよね」と思い、北九州市小倉南区にあるお菓子メーカーの七尾製菓を調べました。

七尾製菓のホームページをみると、小さい頃から馴染みのあるお菓子が数多くあるのに驚きました。(*´Д`)

それから七尾製菓のお菓子を全部食べてみたいと思い、お店で見つけたら必ず購入するようになりました。

発売当初のテレビCM

特にフレンチパピロは七尾製菓の看板商品で、戦後日本人の趣味・嗜好が段々と西洋化する中で、いち早く時代に合った商品を考案し、販売。テレビCMの効果もあり、大ヒットしました。

現在の七尾製菓の土台を築いたと言われる主力商品なので、食べたい&ブログを書きたい気持ちが強かったです。

【まとめ】フレンチパピロの3つの魅力

  • 昭和37年発売、七尾製菓の看板商品
  • サクサクの生地の中にふんわりクリーム
  • 飽きのこない素朴な甘さ

ラインナップ

 

フレンチパピロ

フレンチパピロ

 

フレンチ抹茶パピロ

抹茶パピロ

 

フレンチきなこパピロ

きなこパピロ

塩パピロ

塩パピロ

安納芋パピロ

安納芋パピロ

株式会社七尾製菓

七尾製菓
株式会社七尾製菓

株式会社七尾製菓(ななおせいか)は、北九州市小倉南区に本社を置く小麦粉焼き菓子生産日本一の菓子メーカーです。

現在、北九州市葛原に本社と二つの工場があり、日本全国はもちろん、海外にも商品を出荷しています。


沿革
1957年(昭和32年)せんべい製造業として創業
1962年(昭和37年)フレンチパピロ販売
1978年(昭和53年)太鼓せんべい発売
現在に至る

七尾製菓公式ホームページ


企業理念

いつもおいしく、安心してお召し上がりいただける。

それが七尾製菓のお菓子です。

そして、お菓子を通してすべての人に笑顔と安らぎをお届けします。

七尾製菓のお菓子紹介(当サイト)
  • この記事を書いた人

戸津川(とつがわ)

北九州在住の2児ママ。当サイトと北九州を応援するサイト「北九ペディア」の運営人。わが街・北九州のPRが出来たらいいな♪とブログを更新中。詳しいプロフィールはこちらから

© 2021 遊び場北九州 Powered by AFFINGER5