【北九州のお遍路|親子旅日記】帆柱新四国霊場|第10番札所|紅梅公園

2021年12月24日

koubai-park

https://asoviva-kitaq.com

こんにちは(*‘ω‘ *) ♪

親子で北九州のお遍路巡りをしている戸津川です(*'ω'*)

2021年より2歳の息子(通称:きょうちゃん)とお遍路デビューをしました。

当サイトでは、北九州の帆柱新四国霊場の札所紹介とその感想を書いてます。

帆柱新四国霊場 第10番札所|紅梅公園

紅梅公園|帆柱新四国霊場
紅梅公園

今回は、帆柱新四国霊場の第10番札所をご紹介します。

北九州市八幡西区紅梅にある紅梅公園が帆柱霊場の第10番札所となってます。

紅梅公園の所在地

北九州市八幡西区紅梅4丁目1

八幡紅梅西郵便局から徒歩1分のところに紅梅公園があります。

付近に駐車場はありません。

紅梅公園|帆柱新四国霊場
紅梅公園入口

紅梅公園の頂上に行くには、写真の左に映る階段か右にあるスロープを上がっていきます。

紅梅公園|帆柱新四国霊場
紅梅公園の頂上にあがる階段

紅梅公園の頂上へ続く階段は、傾斜がきついので注意が必要です。

2歳の子が一人で上るのをハラハラしながら、下から見ておりましたが、全く問題はなかったようです。

ほっ( *´艸`)

紅梅公園の頂上

紅梅公園|帆柱新四国
紅梅公園の頂上

階段を上った先には、修行大師像(お大師像)、不動明王像の他、十三仏などがお祀りされてます。

上の写真の右下にあるブロックで囲まれた場所は、かつて10番札所のご本尊である紅梅地蔵尊がお祀りされていた紅梅地蔵堂が建ってました。

現在では、老朽化が進み取り壊されたようです。

紅梅公園|帆柱新四国霊場
紅梅地蔵堂跡の石碑

かつてこちらに紅梅地蔵堂があったことが分かる石碑も残ってます。

しかし、まぁご本尊不在の札所もあるのが驚きでした。

ところで、ご本尊の紅梅地蔵尊さまは一体どちらへ行かれたのでしょうか?

次はその疑問にお答えします。

紅梅地蔵尊(浄蓮寺境内)

紅梅地蔵尊|帆柱新四国霊場

北九州市八幡西区藤田にある浄蓮寺。

以前当サイトで紹介しました帆柱新四国霊場第5番札所の愛宕地蔵尊と並んで紅梅地蔵堂があります。

こちらに第10番札所の紅梅公園にいらっしゃった紅梅地蔵尊さまがお祀りされてます。

前回の訪問で浄蓮寺のご住職の関係者が、女性のお地蔵さまですよとご紹介してくれたのを思い出しました。

こんな形で再会するとは思いませんでした。

紅梅地蔵尊|帆柱新四国霊場
紅梅地蔵尊(浄蓮寺境内)

浄蓮寺境内内の紅梅地蔵堂にお祀りされている紅梅地蔵尊です。

ピンクの御召し物を身に付けられた女性のお地蔵さまで、女性特有の病気や悩みにご利益があるそうです。

紅梅公園|帆柱新四国霊場
紅梅地蔵の看板

紅梅地蔵の看板には、紅梅地蔵がお祀りされた理由やお堂の移動の経緯について記載されています。

紅梅地蔵

霊験あらたかでしょうか。

きょうちゃんの周りにお地蔵様のご加護が現れました。虹のシャワーが降り注いでおりますね。

その他の園内の建造物

紅梅公園|帆柱新四国霊場
修行大師像

階段を上がった先の中央右手には、立派な修行大師像があります。

紅梅公園|帆柱新四国霊場
不動明王像

階段を上がった先の中央左手には、立派な不動明王像がお祀りされてます。

紅梅公園|帆柱新四国霊場

修行大師像のすぐ隣には、親子地蔵などの可愛らしい石仏も並祀されてます。

紅梅公園|帆柱新四国霊場

階段を上った先のすぐ右手にある石碑です。 詳細は分かりません。

紅梅公園|帆柱新四国霊場

紅梅公園入口奥にある妙法?姫明神の石碑です。詳細は分かりません。


紅梅公園|帆柱新四国霊場
修行大師像の前で記念撮影

修行大師像の前でお経と地蔵菩薩さまのご真言をお唱えしました。

【地蔵菩薩さまのご真言】

オンカカカビサンマイエイソワカ

合掌。

紅梅公園|帆柱新四国霊場
紅梅公園のスロープ(下り)

紅梅公園の階段はとても急なので、少しでも恐いと感じるなら隣のスロープを利用しましょう。

紅梅公園|帆柱新四国霊場
紅梅公園出入口

今日のお参りはおしまい!

みんな帰るね~。ばいちゃ~(*'ω'*)

第10番札所の基本情報

所在地紅梅公園
札所番号第10番札所
ご本尊紅梅地蔵尊(浄蓮寺境内)
所在地 北九州市八幡西区紅梅4丁目1
駐車場駐車場なし
管理人浄蓮寺(八幡西区)

周辺施設

特になし


外部リンク

はじめての般若心経⑩

般若心経が来た道

東西の文物が行き交った華やかな交易路・シルクロードは、仏教をはじめ宗教伝播の道でもあった。

  • この記事を書いた人

とつがわ

北九州在住の2児ママ。当サイトと北九州を応援するサイト「北九ペディア」の運営人。お遍路めぐり・滝行を好む。詳しいプロフィールはコチラ

© 2022 あそVIVA北九